アミノ酸サプリの副作用とは

アミノ酸サプリの副作用とは

アミノ酸とは、身体の材料となるタンパク質を構成する要素のひとつです。つまりタンパク質はお肉などに含まれているもので、人間の体の中に常に存在しているものです。
よってアミノ酸はごく自然な成分なので、人間の体に害がなくほとんど副作用の心配はありません。

 

そもそもサプリメント自体が補助食品なので、薬のような副作用が起きることはあまりありません。多少摂取しすぎたとしても、不必要なアミノ酸は体外に排出されるようになっています。

 

しかし副作用の心配がないからといって大量に摂取しても大丈夫かというとそういうわけではありません。アミノ酸の過剰摂取は、腎臓や肝臓に負担がかかるほか情緒不安定や不安神経症といった症状が起きる可能性があると言われているので注意が必要です。すべての栄養素に言えることですが、過剰摂取は肥満につながったり胃腸の弱い方は下痢などを起こしてしまったりする場合もあるので、しっかりと1日の分量は守ることが大切です。

 

またアミノ酸は20種類以上の種類があり、それぞれ違った働きをしています。やたらにアミノ酸を摂取することは、そのさまざまな種類の作用を互いに消しあってしまうこともあるのでよくありません。アミノ酸サプリの効果をしっかりと実感するためには、きちんと目的に合ったアミノ酸を摂取する必要があります。

 

複数のサプリメントを同時に摂取したい場合は、併用して問題がないのかどうか確認する必要があるでしょう。